市橋容疑者のDNA検出・・・のどを骨折、強い力で圧迫

ここでは、「市橋容疑者のDNA検出・・・のどを骨折、強い力で圧迫」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まだ黙秘を続けている市橋達也容疑者ですが、なんで、何も語らないのでしょう。これでは、反省していないし、許せませんね。殺人容疑がかけられているわけですから、はやく、ありのままを話したほうがいいのでは。

面白くてよくわかる!犯罪心理学
凶悪犯から身を守る本
犯人は知らない科学捜査の最前線!


千葉県市川市のマンションで2007年3月、英国人女性リンゼイ・アン・ホーカーさん=当時(22)=が殺害された事件で、遺体から市橋達也容疑者(30)=殺人などの容疑で2日再逮捕=のものと一致するDNA型の遺留物が検出されたことが3日までに、捜査関係者への取材で分かった。県警行徳署捜査本部によると、リンゼイさんの遺体はのどの軟骨が折れており、捜査本部は同容疑者が殺意を持ち、かなり強い力でリンゼイさんの首を圧迫して窒息死させたとみている。
また、リンゼイさんの顔には右目下や左ほほに殴られたような跡があり、上腕部などの十数カ所で皮下出血していた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091203-00000018-jij-soci

スポンサーサイト

関連タグ : ニュース, 市橋達也, 殺人事件,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。